注目キーワード
  1. サプリ
  2. 腸活
  3. ダイエット
  4. 酵素
  5. HMB

お肌にも菌がいます!美肌を守る肌フローラとは?

ビューティーコラム

最近は「菌活」として腸内フローラという言葉を皆さん聞いたことがあると思います。

実は肌にも美肌フローラが存在しているんです!

この美肌フローラは腸内フローラ同様「善玉菌」、「悪玉菌」、「日和見菌」が存在します。

今回はそんな美肌フローラについて解説していきます!

美肌フローラを上手にコントロールして一緒に美肌をゲットしちゃましょう!

肌フローラって?

引用:国産オーガニックコスメ ネオナチュラル [楽天市場店]

肌には腸内フローラ同様に常在菌が存在していて、顔だけでも200億個の細菌がいます。

また全身になると約1兆個。腸内フローラは1000兆個以上いるので比較してしまうと少なく感じますが、数だけ見てもかなりの菌が存在しているのがわかりますね。

また美肌フローラの菌も大きく分けて3種類存在しています。

善玉菌

美肌菌と呼ばれる肌に良い働きをする菌で、肌が弱酸性だと活発になる。

代表的な菌は表皮ブドウ球菌で悪玉菌から肌を守り、潤いをキープしてくれる働きや肌のバリア機能を高める働きを持つ。

悪玉菌

黄色ブドウ球菌が代表的な菌で、匂いやかゆみのもととなる菌で肌がアルカリ性に傾くと活発になる。

アトピー肌の人に多く存在している傾向がある。

日和見菌

腸内フローラ同様多く存在する菌の味方をする菌。

代表的な菌はアクネ菌で増えすぎるとニキビの原因にもなる菌。

肌フローラのバランスが崩れるとどうなるの?

肌フローラのバランスが崩れると炎症やニキビ、敏感肌、乾燥肌の原因になってしまいます。

この原因について説明していきたいますね。

ニキビ、炎症

善玉菌が減り、悪玉菌と日和見菌が活発に動くことでニキビ、炎症が起こりやすくなります。

また日和見菌は毛穴の奥に存在していて、皮脂を食べて脂肪酸が増えます。

この脂肪酸が日和見菌増えすぎると増えていき皮膚の刺激が強くなり炎症が起こります。

これがニキビが発生する原因の一つになのです。

また黄色ブドウ球菌は先ほども言った通り匂いやかゆみの原因でほかの常在菌よりも強い毒素を出します。

毒素が強い分炎症もひどく、アトピーが強くなってしまうのでもともとアトピーと持っている人には注意が必要です。

敏感肌、乾燥肌

皮膚の表面は弱酸性ですが、悪玉菌、日和見菌の働きが強くなるとアルカリ性に傾きます。

アルカリ性に傾くと善玉菌の働きが弱くなり善玉菌の働きである潤いをキープするということが難しくなってしまいます。

潤いがなくなると乾燥肌の原因になり、肌のバリア機能も弱くなってしまいます。

肌のバリア機能が弱くなってしまうことで敏感肌の原因になってしまうのです。

肌フローラを整える方法とは?

肌フローラも腸内フローラ同様、悪玉菌だけを減らすことはできません。

なので善玉菌を増やすことで悪玉菌の働きを抑え込むことが重要になっていきます!

次は善玉菌増える習慣についてお話します!

顔を洗いすぎない

洗浄力の強いクレンジングや洗顔料を使うと肌の常在菌がほとんど洗い落とされ、スムーズに増殖しにくくなってしまいます。

理想は弱アルカリ性の純石鹸で洗うことですがメイクをしっかりしたい女性には難しいですよね。

仕事や予定がない日はなるべくメイクはしない、朝の洗顔は水だけにするなどを心がけて少しでも肌の常在菌が増えるようにしていきましょう!

汗をかく習慣をつける

汗にふくまれる乳酸やアミノ酸は肌を弱酸性にしてくれます。

なるべく入浴や運動などで汗をかきやすくする習慣を身につけると◎。

汗をかく習慣がないと汗腺に汚れがたまってしまい、いざ汗をかいてもベタベタしたアルカリ性の質の悪い汗が出てきてしまいます。

アルカリ性は悪玉菌が活性化する原因の一つなのでこれも肌トラブルの原因に。

なるべく毎日汗をかく習慣があるのが理想的。

運動や入浴でしっかり汗をかく習慣を身につけましょう!

肌断食をする

これは筆者も取り入れている週間ですが、特に予定がない日はノーメイクで過ごすことを心がけましょう!

ノーメイクで過ごした日は洗顔はせず、ぬるま湯で顔を洗い流すようにするとより◎。

また化粧水などのスキンケア用品にも防腐剤が入っている場合があります。

防腐剤は細菌が繁殖しないように作られているのでもちろん顔の常在菌もそれで増殖しにくくなってしまいます。

肌フローラのことを考えるならスキンケアを断つのもおすすめですが肌のつっぱりやスキンケアをしないことに抵抗がある人は防腐剤フリーのスキンケアを使う、または白色ワセリンを薄く塗るのもおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は肌フローラについてでした!

肌フローラは美肌になるためにとっても重要な働きをしてくれます。

また外側だけのケアだけでなく内側からのケア大切になります!

腸内環境が悪いと肌にも悪影響を及ぼします。

肌フローラだけでなく腸内フローラを整えることも美肌を保つ秘訣になります。

外側だけでなく内側からもきれいになっていくことを心がけていきたいものですね。