注目キーワード
  1. サプリ
  2. 腸活
  3. ダイエット
  4. 酵素
  5. HMB

腸活で賢く「痩せ菌」ゲット!腸内フローラのメカニズムを知って賢くダイエットをしよう。

ビューティーコラム

「痩せ菌」って結局どんなものか皆さんはちゃんと説明できますか?

最近は腸活に注目が集まり、動画の広告などでも「痩せ菌」と謳った商品が出回ってきました。

今回はその「痩せ菌」がどうやって体の中で作り出されていくのかを解説していきます!

ぜひ最後までみて賢くダイエットをしていきましょうね。

腸内フローラって?バランスが崩れると便秘になりやすい?

腸内フローラとは腸内に生息する最近のことで1000種1000兆個以上存在しています。

顕微鏡で覗くとお花畑のように見えることから「腸内フローラ」とよばれるようになりました。

主に腸内フローラは3つの細菌が存在しています。

  • 善玉菌…乳酸菌やビフィズス菌など。おなかの調子を整える。
  • 悪玉菌…ウェルシュ菌など。動物性タンパク質や脂質を好み便秘や下痢の原因になりやすい。
  • 日和見菌…上のどちらにも属さない菌。優位な方の見方をして動く。

この3つの菌の善玉菌が2割、悪玉菌が1割、日和見菌が7割のバランスが良いとされています。

これが崩れて悪玉菌が優位な状態がいわゆる「デブ菌」が多いということにつながり、便秘の原因や排泄するはずのものを栄養として取り込んでしまうのです。

「デブ菌」の原因は悪玉菌ではなく日和見菌!?

腸内フローラについて解説しましたが実はデブ菌の原因は悪玉菌ではなく日和見菌です。

日和見菌には「ファーミーキューティス問」と呼ばれるデブ菌の集まりと「バクテロイデス門」と呼ばれる痩せ菌の集まりがあります。

このデブ菌は「長寿菌」と呼ばれ栄養を残らず取り込むという役割を果たし生まれるときに産道を通って母親から受け継がれるといわれています。

実際に帝王切開から生まれた子供には肥満体質は受け告がれないことが多いのも研究で分かってきています。

いわゆる「デブ菌の遺伝」は存在しますが日々の食生活の改善で抗うこともできるので次はそちらについて解説していきますね!

「痩せ菌」を優位にするには?

先ほどの説明で日和見菌の「痩せ菌」の見方をするのは「善玉菌」であり、「デブ菌」の見方をするのは「悪玉菌」であるのがわかってきましたよね。

この「痩せ菌」を優位な状態にするのに必要なのは「善玉菌」を増やすこと。

あとは食物繊維をとることです。

特に水溶性食物繊維は善玉菌と日和見菌の大好物で水溶性食物繊維が分解される過程で「短鎖脂肪酸」という酸が発生します。

この短鎖脂肪酸は

  • 脂肪を燃やす
  • 食欲を抑制するホルモンをだす
  • 悪玉菌の働きを抑制する

というダイエットには欠かせない役割を果たしてくれます!

他にも「不溶性食物繊維」は腸の大掃除をしてくれ、「レジスタントスターチ(難消化性でんぷん)」はでんぷん=糖にも関わらず消化されずに腸の奥まで届き食物繊維のように善玉菌や日和見菌に食べてもらえる食べ物です。

このレジスタントスターチは冷えたご飯によく含まれています。

ダイエット中であればあったかいご飯を食べるのを我慢してコンビニの冷たいおにぎりやお寿司などで代用できますね。

痩せ菌を増やすおすすめレシピ

酢キャベツ

キャベツは水溶性食物繊維、不溶性食物繊維共に豊富に含まれており活性酸素(老化物質)を抑える働きがあり、アンチエイジングにもなる食材です。

またお酢は代謝機能を正常にし疲労回復効果もあります。

アボカド蕎麦

アボカド、蕎麦はともに水溶性食物繊維が豊富に含まれております。

また蕎麦は疲労回復、集中力を高めてくれるので夏バテ予防にも◎。

筑前煮

献立の定番である筑前煮は水溶性食物繊維が豊富に含まれている根菜類がゴロゴロ入っているので実は隠れた腸活レシピでもあります。

またコンビニでも買えるので作るのが面倒な方でも簡単に食べられます。

サーモンとアボカドのちらし寿司

お寿司は冷たいお米なのでレジスタントスターチがふんだんに含まれています。

また水溶性食物繊維のアボカドや老化防止の効果があるサーモン、ブロッコリーはお医者さんが「痩せたいならブロッコリーを食べろ」と豪語するほどのダイエット食材です。

シリアルヨーグルト

シリアルにもレジスタントスターチが含まれています。

フルーツにキウイやレモンなどを入れると水溶性食物繊維も一緒に摂れます。

またヨーグルトなどの発酵食品は善玉菌だけでなく善玉菌に加勢する日和見菌(いわゆる痩せ菌)が増えるので積極的に摂ることをおすすめします。

まとめ

今回は腸内フローラのメカニズムと「痩せ菌」「デブ菌」についてお送りしていきました。

腸活は長い目で見て生活に取り入れていかないと意味がありません。

またダイエットもしかりでいかに自分の生活に取り入れていくのかが重要になります。

痩せ菌は少し生活に気を付けていれば簡単に増えますが努力を怠るとすぐデブ菌が増えてしまいます。

食生活や生活習慣を見直して健康に美しくなることを心がけていきましょう!